HOME  >  お客様の声  >  富山県富山市 Y様

今回ここでご紹介できる事になった、消費者さん達の経験されたエピソードの数々。まず何より協力してくださった皆さんに心から感謝です。 協力して下さったみなさんは 「どんな事でも気軽に相談や質問をしてくれる人が、一人でも増えたら。」そんな気持ちで、誰にも言いたく無い事、言わなくていいことを、正直に語ってくださっています。

お客様の声05 富山県富山市 Y様

お客様の声05

「最終的に決めるのは自分自身」大田さんに相談することで、冷静に自分たちの現実を見つめ直すことができた

富山県富山市 Y様(30代)【現在のお住まい:持ち家 築8ヶ月/家族構成:大人2人】

「最終的に決めるのは自分自身」大田さんに相談することで、冷静に自分たちの現実を見つめ直すことができた

正直なところ、大田さんのセミナーにはあまり期待せず行ったんです。たまたまセミナーの日に妻が外出予定で、「1人で暇だったら、行って来なよ」と妻にセミナー広告を渡され、確かに暇だし会場まで歩いて行ける距離だし、行ってみるか…と参加したのが大田さんとの出会いでした。
富山には、「自分の家を持って一人前」という昔からの風潮があり、持ち家率も高いんです。いつかは家を建てたいと考えていたので、セミナーのチラシが妻の目に留まったのでしょうね。
漠然とですが、住宅購入について考えてはいたので、セミナーにはそれまでにも何度か行ってました。今までは男性の、しかも上から目線で偉そうに話す人にしか出会わなかったので、女性はどんな話をするのだろうと思い、ダメなら帰ってくればいいやと軽い気持ちで行きました。セミナーに対する不安より、興味が勝っていましたね。
今まで行ったような、大手の住宅メーカーが主催するセミナーは自分達に有利な話をしてるだけのように感じていました。「今がチャンス!」と言われても...時期はこちらの問題で、個々に違うものでしょうと感じていました。個室でうんちくを語られて、洗脳される人もいるでしょうね。
住宅メーカーの営業マンに、「当社の住宅は工場で作った工業製品です!」と胸張って言われた時は驚きました。「工場で作っているのでクオリティに差がなく、誰が作っても同じ家ができます。」と言われ、何も言えませんでしたね。そういう家がいい人にはいいのでしょうが。
長持ちするかどうかなんて話は、営業マンから一言も耳にしなかった。見学に行った家もナチュラルな木の風合いが好きな私達の好みには合わず、外見重視で壁も天井も真っ白で目はチカチカするし、独特のあのツーンとした臭いに頭が痛くなりました。

「大田さんの考えには根拠があり、説得力がある」セミナーを聞いた後はもう夢中になっていました

「大田さんの考えには根拠があり、説得力がある」セミナーを聞いた後はもう夢中になっていました

大田さんのセミナーも同様に、胡散臭いなと思いながら参加しました。一つの建築会社を勧められ、その会社に上手く丸めこまれるんじゃないかなど...ただ、セミナーを聞いた後はもう夢中になってました。
大田さんの話には全て素人でも分る理由があり、説得力がありました。私は普段からあまり凝り固まった考え方はしません。人の意見を一旦受け入れ、そこに自分なりの考えを足して自分の価値観とするタイプなので、大田さんには抵抗なく相談できました。
セミナーから戻り、内容を一生懸命妻に話したのですが、セミナーを聞いていない妻に、その熱は伝わらず「なに洗脳されて来てんの?」と言われる始末。とりあえずセミナー収録DVDが借りれたので、それを見せました。DVDを観ただけでは伝わらない臨場感もあるので、また近くでセミナーがあった時に、妻を連れて一緒に参加しました。
セミナーで用意されてたアンケートに連絡先を書いておけば、大田さんが電話を掛けてきて、相談に乗ってくれるということだったので連絡先を書きましたが、まさか本当に電話がかかってくるとは思っていませんでした。
電話がかかってきたところで、住宅について具体的には何も考えておらず、何を質問すればいいかも分からず、質問を相談させてもらいたい状態で、大田さんには質問の仕方から尋ねましたよ。最初の電話は、住宅計画づくりの説明だけで、後はほとんど世間話で終わったような記憶があります。何をどう進めていけばいいかという、住宅計画の作り方や進め方を教えてもらってからは、壁にぶつかったら、大田さんに相談するという状態でしたね。大田さんには本当に細かいところまで、1つ1つ不安を潰してもらいましたよ。

「最終的には自分で考えて、自分で決める」

住宅に関してはまだ土地がなく、また家を建てたところでお金を払っていけるのかと悩んでいました。私の母親が病気を患い、途中でローンを払えなくなっていたので、もし自分達がそうなった場合のことを考えるととても不安でした。
母親のローンの事も大田さんに相談したところ、「お母さんに安易にお金を貸すことは、お母さんの為にならないから今はしてはいけない。」と、アドバイスありました。その後、ファイナンシャルプランナーさんの助言も受け、母親のローンは完済できました。
更に私達は、土地探しでもストップしていました。なぜ土地が見つからないのかも、大田さんに相談しました。住宅計画の見直しをする必要があることが分り、探し方のアドバイスも受けました。

大田さんからは時に斬新な意見も

大田さんからは時に斬新な意見も

納得できる土地を見付けた時も、隣にどんな人が住んでるのかや、近くに川があったことから、水害も不安でした。大田さんに相談すると「隣に住んでいる人に聞きに行けばいい。」と言われ、訪問の方法も教えてもらいました。アドバイスを聞いた時は驚きましたが、斬新な意見だと思いましたね。
聞きに行ったら、隣の住んでる人がどんな人かもわかり、本当に不安は解消されましたので、この土地に決めました。大田さんの助言がなかったら、不安ばかりが先に立って土地すらも購入出来てなかったかも知れませんね。
大田さんは、絶対に答えを教えてくれません。でも、必ず答えを出す為の方法だけは教えてくれました。最終的には自分で考えて自分で決める。そういった自己責任という考え方についても、学ばせてもらいました。そこが分からないままだと、工務店さんの言うまま、そういうものなのだと納得させられていたかもしれません。
自分達の色を出しつつ、自分に合うものを取り入れる。自分が合わないと感じるものを無理矢理入れる必要はありませんから。そういった「考える」ということを学びました。それは今の私の生活や仕事にも活かしています。仕事のジャンルは違いますが、通ずるものがありますね。
大田さんに相談していなくても、どこかで勢いに任せて建てていたでしょう。そして「失敗した」と、文句ばかり言っていたかも知れません。そこまで深く考えず、なんとかなると、よく分からない根拠の元、建てていたと思います。それは無駄の多い、どこかに不安が残る家だったかも知れません。

分からない事はすぐに説明しに来てくれた

分からない事はすぐに説明しに来てくれた

工務店は3社から選びました。まず、大田さんに会う前に3年ほど通って交流していたA工務店は、社長とも仲良くなり、とてもいい感じの工務店だったのですが、住宅計画書を出した途端、断られてしまいました。断られた時はショックでしたが、その程度の工務店だったのだと気付けて良かったです。
残り2社のうち、B工務店は「見学させてもらった○○さんの間取りがよかったです」と言うと、その図面をそのまま持ってくるような工務店でした。私達はその家に住みたいわけではありませんでしたが、新しいシステムなどを提案してもらい、その便利さを気に入ったことから、B工務店に決めようとしていました。
しかし、「今だったらこれ付けます」と、特に必要としていないものを勧めてくるようになり、私達との間に溝がどんどん出来ていきました。会うのがだんだん億劫になり、図面にも全く心惹かれなかったので、お断りしました。
最終的に選んだC工務店。最初はこれといって気に入ったところもなく、特に面白みのない工務店だと感じていました。しかし、「これをつけたらこれだけ値段が上がる」と、細かく見積を出してくれました。他の工務店がアバウトだったので、見積に裂いた時間の長さに驚きました。

「自分たちの要望を図面でかいてはダメ」と大田さん。自分たちの要望は箇条書きで提出。上がってきた図面に感動!

大田さんには自分達で書いたスケッチや図面を建築会社に出さない様に言われていました。お客が自分で図面を書くと、建築会社は契約が欲しいからその図面に問題があってもそれに沿うように設計してしまうので、要望は文字にして書き出し、あとはプロに任せなさいということでした。住宅計画書を提出し、それに沿った図面を見せてもらった時は感動しました。女性の設計士さんだったので、キッチンは女性目線でとても使い勝手のいい物でした。やっぱりプロはプロですね。
C工務店に、土地の契約に不安を感じていることを相談すると、契約にも同席してくれました。フットワークも軽く、分からない事はすぐに説明しに来てくれ、とても心強かったです。人と人の付き合いができましたし、大田さんには見積や図面もチェックしていただけたので助かりました。

大田さんと出会って、考える量が増えた。根拠を考え、自分たちで決められるようになった

大田さんと出会って、考える量が増えた。根拠を考え、自分たちで決められるようになった

大田さんは面倒くさがらず、プロから見れば「なんでわからないの?」というようなくだらない質問にも、私達素人に理解できるよう答えてくれました。上から目線でなかったところに好感が持てました。
ハウスメーカーさんなどは、私達が分からない所を聞いても、「こんなもんです」と答えてきます。そう言われると私達消費者は、よく分からないまま、そういうものなのかと納得してしまいます。
そんな大田さんだったから、「こんなこと相談していいのだろうか」と不安を感じることはなかったです。たとえくだらないことでも、その人の目線で対応してくれるのは消費者からすると安心できるのではないでしょうか。
その姿に共感して、私は仕事でも活かそうとしています。後輩たちに質問されてもそういう対応をしたいなと考えるようになりました。
大田さんには私達が悩んでいることに関して、「そんなことはどうでもいい事。」ピシャリと言われることもありました。ただどうでもいいと言うのではなく、「こういう理由だから」と、きちんと根拠を話してくれましたので、私達も考えることができましたし、質問しやすかったです。
大田さんに相談してから、考える量が増えましたね。今まで漠然と過ごしてた生活の中で、根拠を考えるようになりました。それはいつ使うものなのか、どれくらいの頻度で使うものなのか、考えるようになりました。家以外にも服を買うにも、その癖がついたと思います。
無料相談、「タダより高いものはない」と言いますが、大田さんの「タダ」は怖いと感じませんでしたね。他のところは後から何か請求されそうで胡散臭いですけど。ひとつだけ言わせていただくと「タダ」の分、アドバイスは厳しいです。

分からない所はどんどん聞く。メリットとデメリットを考えて判断すれば、それでいい。

分からない所はどんどん聞く。メリットとデメリットを考えて判断すれば、それでいい。

誰に聞けばいいのか分からずに悩んでいる人は、大田さんに相談してみてはどうでしょう。友人に相談しても、詳しいところまではわかりません。しっかりした知識を持っている人に相談できるということは、とても大きなことだと思います。漠然としていても、相談することで何かしら解決できる糸口が見つかると思います。 
私のこの文章に辿り着いたということは、読まれた方は何かを求めているのだと思います。一度セミナーを聞き、相談してみればいいのではないでしょうか。

いま、住宅に関して悩んでいる方へ

答えを出す方法を教えてもらって自分で答えを出す!!

相談することで何かしら解決できる!!

誰に聞けばいいのか分からずに悩んでいる人は、まず大田さんに相談してみてはどうでしょう。 友人に相談しても、詳しいところまではわかりません。しっかりした知識を持っている人に相談できるということは、とても大きなことだと思います。漠然としていても、相談することで何かしら解決できると思います。

このページの先頭へ