HOME  >  お客様の声  >  石川県金沢市 D様

今回ここでご紹介できる事になった、消費者さん達の経験されたエピソードの数々。まず何より協力してくださった皆さんに心から感謝です。 協力して下さったみなさんは 「どんな事でも気軽に相談や質問をしてくれる人が、一人でも増えたら。」そんな気持ちで、誰にも言いたく無い事、言わなくていいことを、正直に語ってくださっています。

お客様の声08 石川県金沢市 D様

お客様の声08

家を建てるときに一番大切なことは、「家族が楽しく生活すること」と大田さんに教えていただきました。

石川県金沢市 D様(30代)【現在のお住まい:賃貸アパート(来月新居へ引越し)/家族構成:大人2人 子ども1人】

家を建てるときに一番大切なことは、「家族が楽しく生活すること」と大田さんに教えていただきました。

私達夫婦は結婚前より、私の両親から同居か、実家の隣に住むことを提案されていました。実家の隣には私の父親が所有する土地があり、借家が4軒建っておりました。4軒のうち1軒が空くとのことで、両親からはそこをリフォームして住むよう勧められていました。そして、ゆくゆくは実家を改築して同居すればいいと言われてました。
元々、完全同居は考えていなかったのですが、土地があることだし、実家の隣でもいいかなと考えていました。妻もそうなってしまうのかなと感じていたようです。
結婚後、住宅について少し勉強しないと…。と思い、内見会やハウスメーカーに行き、何枚か図面も描いてもらっていました。家族構成と予算を伝えると、すぐに図面が出てきました。当時は特にこだわりもなく、そういうものなのかなと考えていました。

家族が楽しく過ごせる長持ちする家を建てたい。

図面は両親にも見てもらったのですが、「そんなイメージじゃない」と渋い顔をされ、話は前に進みませんでした。当時住んでいたアパートは早く出たいけれど、実家の隣の借家は狭く、そこのリフォームが終わっても、将来的には、また実家の改築にお金がかかります。
私自身、両親との話し合いが辛くなってきていた頃、大田さんの住宅計画セミナーを知りました。今考えれば、誰かに両親との間に入って欲しかったのでしょう。無料だったこともあり、特に抵抗なく参加しました。
セミナーで大田さんの話を聞き、自分にはなかった大田さんの考えに納得していました。住宅に対するこだわりは全くなかったのですが、安易に考えていてはダメだということも分かりました。
デザインなどはどうでもよく、家族が楽しく過ごせるような長持ちする家を建てたいと考えるようになり、長持ちして、楽しく過ごせる家は、実家の隣でも、実家でもない事に気付きました。

相談できるのは、「この人しかいない!」と思いました。

相談できるのは、「この人しかいない!」と思いました。

セミナーに参加できなかった妻は、貸し出してもらったセミナーのDVDを観ただけでしたが、「相談できるのはこの人しかいない!」と思ったそうです。次回開催されたセミナーには妻も一緒に行きました。
私は大田さんに会ってみて、チラシの写真とは違ったパワフルな様子にギャップを感じたのですが、妻はパワフルな人だろうと予想していたようです。
自分達では両親との話の折り合いは、本当にどうしようもなくなっていて、誰かに入って欲しかったというのいが本音でした。大田さんはズバッと物を言ってくれそうだなと感じ、相談しようと決めました。
大田さんに相談することは緊張こそしましたが、抵抗はありませんでした。セミナーを聞いて「そういう考え方もあるのだな」と、新たな発見がありましたから。妻は仕事柄パワフルな女性達に囲まれており、優しいホワンとした雰囲気の人よりも、どんと構えている人の方が信頼できた様ですね。
なにより、自分達には他に方法がありませんでした。住宅にこだわっている場合ではなく、親子関係の事でいっぱいいっぱいでした。今では困った時は大田さんという感じですね。
両親にもDVDは見てもらったのですが、反応はいま一つでした。両親には大田さんの考えが理想論に思えた様です。セミナーの中で1つのケースとして紹介していた内容が両親の意見と違っていたのが気に入らず、それを推奨しているかのように聞こえたようですね。性格的に合う、合わないもあるのでしょうね。両親もセミナーに誘いましたが、結局一度も行きませんでした。

両親とのトラブルも大田さんへ相談させていただきました。

両親とのトラブルも大田さんへ相談させていただきました。

住宅計画を進める中で、両親には「縁を切る」とまで言われてしまっていました。実家の隣に土地があるのにそこ以外の土地を探すということは、土地を継がない=絶縁するということだと捉えたようです。
私達は絶縁など考えてもおらず、とてもショックでした。しかし話は平行線で、大田さんを頼るしかありませんでした。当時は、実家に寄りつきたくないほど、ストレスを感じていました。妻は精神的に限界に近付いており、離婚まで考えていたようです。
大田さんに現状をお話ししたところ、「両親がどうであれ、自分達には絶縁する気はないことを伝え、一度全てをストップしなさい」と、言われました。そして、「家族が楽しく生活することが大切」とアドバイスを受け、そこから数カ月は住宅の話は全くせず、実家にも寄りつかず、楽しい生活を心がけました。

両親とのトラブルも大田さんへ相談させていただきました。

再び住宅計画を進めた時は、土地探しから始めました。セミナーで勉強する前は便利でもっと狭い坪数で考えていましたし、分譲地でいいかとも思っていました。
作成した住宅計画書類から、私達の生活や希望に沿う土地の広さや、家の広さを算出してもらい、それを元に工務店さんや不動産屋さんに土地探しをお願いしました。
希望通りの土地はなかなかなく、へんぴな土地か小さい土地ばかりでした。自分達でも土地を見に行き、最終的には自分達で見付けた土地に決定しました。当初の予算よりは少しだけオーバーしましたが、ファイナンシャルプランナーさんに生涯設計を再度してもらい、問題ないことが確認できたので、お金の不安なくその土地に決めました。
両親には細かく経過を報告するのではなく、決定事項を伝えるようにしていました。両親への伝え方なども、大田さんにアドバイスしてもらっていました。両親は完全には納得していませんが、やはり孫は可愛いし、しぶしぶ…という感じですね。
妻は住宅以外のことも相談しているそうです。私はあまり口数が多い方ではないのですが、そんな私への対応方法や妻の両親に関する話、子育てや仕事についての悩みも相談しているそうです。大田さんは妻の性格まで見抜いて、的確にお話ししてくれているようです。「相談しながら涙が出た」と、妻が話していました。

大田さんと出会ったおかげで、「一番大切なことに気づくことができました。」

大田さんと出会ったおかげで、「一番大切なことに気づくことができました。」

工務店さんを決めた理由は、その工務店さんの内見会にも行っていたし、そこで見たゆるやかな造りの階段を気に入っていました。それに、両親の相談をまた一から他の所に話すのは面倒でした。その工務店さんは両親のことも相談に乗ってくれ、土地も探してくれました。社長自ら、両親を説得に行ってくれたこともあります。本当に迷惑をかけたなと感じています。
建築中の家は図面で想像していたより広く、建て方も想像していなかったものでした。大手のハウスメーカーもいくつか回りましたが、住宅計画づくりを勧められたことはなく、大田さんのセミナーを聞くまで全く、住宅計画の存在を知りませんでした。
大手のハウスメーカーにお願いすると、予算と家族構成を伝えるだけで図面が出来上がります。大田さんに出会っていなければ何を基準に決めればいいのか分からず、提案されるがまま、何のこだわりもない、将来の家計が不安な家ができていたかもしれません。
そして、両親に言われるがまま進めていたことでしょう。そして、そんな私や両親に付き合いきれず、妻には離婚されていたかもしれません。両親の意見にばかりに付き合わされて、当時の私は一番大切にしなくてはならない私達家族の幸せを考えられていませんでした。

悩んでいる方は、大田さんのセミナーに参加してみてください!

悩んでいる方は、大田さんのセミナーに参加してみてください!

両親との同居について悩まれている方には、まず大田さんのセミナーを聞いてほしいと思います。大田さんの考えを聞き、それについて自身で考え、住宅計画を大事なこととして考えることから始めて下さい。聞いてみてどう判断するかは、その人の考え方次第です。大手のハウスメーカーを選んでも、二世帯住宅にしても、それはその人の選んだ生き方です。
知人にもセミナーを紹介しましたが、全く興味を示さない人や、セミナーには行ったものの、結局大田さんには相談せずに家を建てた人もいました。私達も本当にどうしようもない状態でなかったら、違った見方をしていたかもしれません。

いま、住宅に関して悩んでいる方へ

家族の楽しめる「家」を!

家族の楽しめる「家」を!

それぞれの価値観があるでしょうから、住宅を建てることにこだわらなくてもいいでしょう。賃貸の方が身軽でいいと感じる人もいるでしょう。自分達に必要な住宅を見極めるためにも、長い人生の計画を立てることが重要だと思います。
大田さんの住宅計画セミナーは、そういう人生計画の方法を、住宅を含めて教えてくれました。私達は大田さんのセミナーが全ての始まりでした。もし話しを聞いていなかったら、私達は未だに、何が大切かなのかも、気付いていなかったかも知れません。

このページの先頭へ